サイト内の現在位置

事例紹介

事例一覧に戻る

40代男性

海外から帰国後の転職先探し!製薬会社と臨床で悩んだ結果…

消化器外科 男性 42歳

職歴:研究室 → 一般病院・外科 資格:日本消化器外科学会認定医

前職
役職
─────
年収
400万円
担当
消化器外科
勤務形態
週5日勤務
勤務地
海外
現職
役職
─────
年収
1,800万円
担当
外科
勤務形態
週4.5日勤務
勤務地
神奈川県

転職理由を教えていただけますか?

海外でのリサーチフェロー期間が終了し、日本へ帰国することになったからです。

希望条件はどのようなものでしたか?

今までの経験を活かせる製薬会社への転職が第一希望でした。もしくは外科医として臨床に戻ってもよいと思っていました。消化器系のがんの研究を行っていたため、その経験を活かせる職場がベストです。
地域は横浜近辺を希望しました。妻への育児の負担を減らすため、妻の実家近くに引っ越すことが決まっていたためです。給与は子どもの養育費のことを考えると、年収1,500万円はほしいと考えていました。

新しい勤務先が決定するまでの流れをお聞かせください。

メディウェルに登録した時はまだ海外にいたので、初めのうちは国際電話とメールで相談に乗ってもらいました。

製薬会社への転職を考えている旨を伝えたところ、担当コンサルタントの方から、40歳以上で製薬会社へ転職するのはかなり難しいという情報を頂きました。特に私は製薬会社での勤務経験がないため、受け入れ先を探すのは難しいかもしれないとのことでした。そこで担当コンサルタントと相談の上、製薬会社への転職にチャレンジしつつ、並行して外科医としての勤務先も探していくことにしました。

リサーチフェローの終了二ヶ月前に一時帰国し、メディウェルに面接設定をお願いしていた医療機関の面接に行きました。

給与や勤務地の面では希望を満たしている病院だったのですが、臨床から5年以上も離れていたため、外科医としての勘を取り戻せるかという点が不安でした。そのことを面接で正直に話したところ、理事長が「仕事の勘は少しずつ取り戻してくれればいい。それよりも先生の人柄が気に入った。是非一緒に働きたい」と仰ってくれました。私としても外科医として勤務するのであればこの病院がベストだと感じ、製薬会社への転職活動の結果を待ってもらうことになりました。

製薬会社への転職はメディウェルのコンサルタントに聞いていた通り、困難を極めました。メディウェルのコンサルタントに書類選考や面接のアドバイスをもらいつつ、自己応募も含めいくつか応募したのですが、なかなか採用されませんでした。希望していた会社すべてに応募した結果、すべての会社から不採用の連絡をいただきました。これでようやく自分の中でも諦めがつき、外科医として臨床に戻ることを決意しました。

フェロー終了後、以前面接をしていただいた病院の理事長とお会いし、正式にこの病院への転職を決めました。メディウェルの担当者がきちんと説明してくれていたようで、先方も快く受け入れてくれました。

申し込みから転職までの流れ
転職やサービスについてのQ&A

今回の転職についての感想をお聞かせ下さい。

第一希望である製薬会社への転職は叶いませんでした。しかし、結果的には自分を歓迎してくれる職場と出会うことができ、給与や勤務時間の面で家族にも恩返しできています。妻や子どもも満足しており、総合的に見ると満足できる転職活動でした。メディウェルのコンサルタントが客観的な意見をくれたことも転職成功の要因の一つだったと思います。ありがとうございました。

メディウェルで納得のいく転職ができる理由
コンサルタントについて知りたい方はこちら


関連キーワード

事例一覧に戻る

転職した先生の満足度94.7% 安心・納得の転職はこちらから

お電話からでも可能です。 0120-141-740

ご相談はこちら

先生の未来実現を親身にサポートします。
特集
  • 転職支援サービスお申し込み