サイト内の現在位置

事例紹介

事例一覧に戻る

40代男性

「自分はなにをしたいのか」に気づいた転職活動

眼科 男性 41歳

職歴:一般病院・眼科 → 一般病院・眼科 資格:日本眼科学会専門医

前職
役職
─────
年収
1,300万円
担当
眼科
勤務形態
週4日勤務
勤務地
千葉県
現職
役職
─────
年収
1,500万円
担当
眼科
勤務形態
週5日勤務
勤務地
東京都

転職理由を教えていただけますか?

職場への不信感が高まり、ストレスを抱えるようになったためです。
元々、前の病院には「一人医長」という約束で入職しました。ところが、私の知らないところで新たな常勤医師の採用を進めていることを知り、非常にショックを受けました。

また、病院全体として眼科に対する理解が乏しく、他の科と比べて軽視されることがありました。安心して眼科診療に取り組める職場で働きたいと感じ、転職を決意しました。

希望条件はどのようなものでしたか?

白内障中心にオペの経験を積んできたので、その経験を活かせる勤務を希望しました。
また、今後は白内障だけでなく、緑内障や硝子体のオペも行っていきたいとも考えていました。ただ、緑内障や硝子体のオペの経験は少ないため、研修体制がしっかりしていることが前提となります。
年収や勤務地にはあまりこだわりませんでした。

また、将来的には開業したいと考えていたので、院長としての経験が積めることも希望しました。

新しい勤務先が決定するまでの流れをお聞かせください。

転職活動を始めた頃は自身の希望も定まっていない状態でした。とりあえずいくつかの紹介会社に登録し、求人を紹介してもらいました。その中の一つがメディウェルだったのです。

どの紹介会社にも転職理由や希望条件を聞かれたのですが正直あまりはっきりしていなかったので、なんとなく今の職場への不満をお伝えしました。するとどの紹介会社も眼科求人をいくつか提案してくれました。どの求人もそれなりに好条件でしたが、その職場で自分が活躍している姿がいまいちイメージできませんでした。今思い返すと、そもそも自分はなにをしたくて転職するのか、これからどのようなキャリアを歩んでいきたいのかが明確になっていなかったのだから当然です。

悩んでいた時、メディウェルのコンサルタントとの面談がありました。紹介会社から紹介された求人にいまいちピンときていないことをお伝えすると、「まず先生がなにをしたいのかが定まらなければ、納得のいく転職先を見つけることはできない」とはっきりと言われました。その上で、今まで勤めてきた病院でどんなことをしてきたのか、なぜその医療機関を選んだのか、といったことを一つ一つ一緒に振り返ってくれました。自分では一貫性に欠けると感じていた職歴でしたが、コンサルタントと一つ一つ掘り下げていくことで自分のやりたいことが見えてきました。それが、「眼科オペのスキルアップ」と「開業準備」だったのです。

そしてメディウェルにこの二つが叶う病院を紹介してもらい、入職する運びとなりました。

申し込みから転職までの流れ
転職やサービスについてのQ&A

メディウェルを利用した感想についてお聞かせください。

一緒に私のキャリアのことを考えてくれたコンサルタントに感謝しています。メディウェルのコンサルタントに出会わなければ、きっと自分がなにをやりたいのかわからないままだったでしょう。また、私は転職歴が多い方なので医療機関側に信頼されるか不安だったのですが、その点もコンサルタントがきちんと説明してくれたらしく、信頼しあいながら働けています。ありがとうございました。

メディウェルで納得のいく転職ができる理由
コンサルタントについて知りたい方はこちら


関連キーワード

事例一覧に戻る

転職した先生の満足度94.7% 安心・納得の転職はこちらから

お電話からでも可能です。 0120-141-740

ご相談はこちら

先生の未来実現を親身にサポートします。
特集
  • 転職支援サービスお申し込み