サイト内の現在位置

事例紹介

事例一覧に戻る

50代男性

開業を諦め、内科部長として生きる

療養病床の管理、外来2コマ 男性 55歳

職歴:市中病院で消化器内科部長を経験した後、開業準備のため時間のとれる療養型病院で勤務していた 資格:内科専門医、消化器病専門医、消化器内視鏡専門医、医学博士

前職
役職
療養病院の内科医師
年収
1,600万円
担当
療養病床の管理、外来2コマ
勤務形態
週4.5日当直なし
勤務地
千葉
現職
役職
民間病院(200床規模)の内科部長
年収
1,800万円
担当
外来2コマ、検査、病棟管理
勤務形態
週4.5日当直なし
勤務地
千葉

転職理由をおきかせください

開業準備をするために、時間が確保できそうな療養型の病院に勤務していました。条件としては、週4.5日当直なし、で開業準備をする時間を確保するということで勤めたにも関わらず、他の常勤内科医師が辞めてしまい、思いのほか非常に忙しくなった。最初の話と全く違う状況になり、開業も希望候補地の診療圏調査をすればするほどなかなか難しい状況だと判断し、それならばしっかりと今までのキャリアを生かして、内科医師として活躍したいと思ったのです。

希望条件はどのようなものでしたか?

年収としては、1,800万円以上が希望です。当直については、特にこだわりませんが、今後のことを考えるとなるべく少ない方が良いですね。病院としては、療養病院ではなく、急性期病院が望ましいです。

新しい勤務先が決定するまでの流れをお聞かせください。

登録して2日後には、担当者が家の近くまで来ていただいて面談させていただきました。当日は、求人の提示はなかったのですが、その3日後くらいに3件程、求人をご提示いただきました。その中の2つの求人に興味を持ちました。200床規模の病院と100床規模の病院です。200床病院は、内科医師が5名いるのだが、まとめることができる人材が不足しているとのことで、是非、部長職をお願いしたいということでした。100床規模の病院も内科医師が不足していて、もともと外科の先生が内科医師として働かれている病院でした。採用条件については、同程度の提示をしていただいたのですが、200床規模の病院の熱意と循環器科や糖尿病の専門の内科医師がいたことから、安心できる面もあり、赴任を決定いたしました。

申し込みから転職までの流れ
転職やサービスについてのQ&A

現職についての感想をお聞かせ下さい。

内科医師のチームワークを少しずつつくっている段階です。外科や整形外科チームとの連携も以前よりとれてきたと聞いていますので、そのような意味でとてもやりがいがあります。

メディウェルで納得のいく転職ができる理由
コンサルタントについて知りたい方はこちら


関連キーワード

事例一覧に戻る

転職した先生の満足度94.7% 安心・納得の転職はこちらから

お電話からでも可能です。 0120-141-740

ご相談はこちら

先生の未来実現を親身にサポートします。
特集
  • 転職支援サービスお申し込み